【CT70を日本から買える】SSENSEの購入方法を解説。関税や送料、支払方法について

皆さんこんにちは!よぬぱちです!

今回は海外通販サイト「SSENSE(エッセンス)」での購入方法や関税・送料、支払方法などについて解説します。

この記事を読んで下さっている方の中には、ショッピングが好きだという方も多いと思います。服や靴、コスメやブランド品などを買うことで満足感を得ることができますし、物欲も満たすことができますよね。

私自身もファッションやスニーカーが好きで、よくショッピングに行っています。しかしコロナ禍になってからというもの、今までのよにバンバン買い物に出かけるのは中々難しいですよね。

特に日本国外への渡航に関しては絶望的な状況なので、海外でのショッピングがお好きな方はストレスが溜まっているかもしれません。

そんな時に便利なのがネット通販。家に居ながら買い物が楽しめる通販ですが、特にコロナ禍になって需要が高まっており、様々なネット通販サイトが登場しています。ネット通販の中には、海外から直接取り寄せることができる便利なサイトもたくさんあり、海外へ行けない現在では特に重宝しています。海外通販サイトの強みは、日本では手に入れることができないものを購入できることです。

様々な海外通販サイトがある中でも、日本で取り扱いの無いコンバース・CT70RUN STAR HIKE(ランスターハイク)を確実正規品でお得に手に入れられると話題になっているのがSSENSEというサイト。
日本語対応しており簡単に買い物ができるので、海外通販が初めてだという方にもかなりおすすめです!

スニーカーが好きな私は、これらの日本未発売モデルは実際にSSENSEを使って購入しています。

今回は、そんなSSENSEについて

「日本未発売のアパレル・スニーカーを購入したい」
「最近話題のSSENSEってどんなサイト?」
「SSENSEでの購入方法が知りたい」
「関税・送料はどれくらいかかるのか?」
「SSENSEの商品は本物?どれくらいで届くのか?」

という疑問を持つ方に向けて、

本記事の内容

・SSENSEについて
・SSENSEの使い方
・SSENSEでの購入方法
・送料・関税について

という内容について解説します。

日本未発売のアイテムをお得に購入できるSSENSEの使い方をマスターしておきましょう!

私が実際にSSENSEを使って購入した、コンバースのランスターハイクについては以下の記事でレビューをしています。

2022.6.22追記

2021年9月頃より、SSENSEでの海外コンバース購入が不可能となっています。
恐らく日本における海外コンバースの販売の規制強化によるものだと思いますが、今後はStockXなどのリセールサイトや古着屋、海外の店舗での購入で手に入れるしかなさそうです。
SSENSE使いやすかったのに残念、、

目次

SSENSEについて

SSENSE(エッセンス)は、2003年にカナダのモントリオールで創業した会社です。現在はeコマースと実店舗でハイブランドを中心に取り扱う大手通販サイトとして世界中にユーザーを抱えます。。

SSENSEで販売されているアイテムは全て正規取扱店から仕入れているため、日本で取り扱いがないアイテムでも比較的安い価格で確実に正規品を手に入れることができます。

関税は購入時の価格に含まれているため面倒な計算も不要、日本語対応もしているため利用しやすいのも特徴です。注文した商品は約5日で届きます。

SSENSE公式サイト

SSENSEの使い方

SSENSEはWEBサイトはもちろん、アプリ版もリリースされています。ネットショッピングはスマートフォンでするという方も多い現在、アプリ版は非常に使い勝手がよく便利です。
今回はアプリ版の画面を中心に解説しますが、WEB版でも使用方法にほとんど変わりはありません。

SSENSEはこちらから

アカウント登録

SSENSEで商品を探したり購入するためには、先ず最初にSSENSEのアカウント登録をする必要があります。

WEBサイト・アプリ版を開くとログインか新規登録を選択する画面が出てくるので、初めてSSENSEを利用するという方は「登録」を選択します。

アカウント登録に必要なのは「メールアドレス」「パスワード」の2つです。アカウント登録時に登録したメールアドレスに注文や配達の情報が届くので、普段から使うメールアドレスで登録しておくのが良いでしょう。

メールアドレスを入力したら、次はパスワードの設定です。パスワードはSSENSEアカウントへのログインの際に必要になるので、パスワードを設定したら忘れないようにメモしておきましょう。

メールアドレス・パスワードを設定したら、ニュースレターの購読についての選択をします。こちらはアカウント登録後でも設定を変更できるので、とりあえず最初はどちらでも大丈夫です。

以上の3つの情報を入力したら、下部の「アカウントを作成」のボタンを選択します。これでアカウント登録は完了です。

アイテムの探し方

アカウント登録を完了してログインしたら、いよいよSSENSEを利用することができます。

こちらがホーム画面です。

ホーム画面には新作アイテムをはじめ、おすすめアイテムや最近見たアイテムが表示されています。

アイテムを探すには、画面左上の「検索」から欲しいアイテムの名前を入力してください。

欲しいアイテムの名前が分からない場合には、ページ下部真ん中の「ショッピング」からブランドなどを絞り込んで検索することもできます。

サイズを選択してカートに入れる

欲しいアイテムが見つかったら「カートに追加」をタップします。アイテムにサイズがある場合は、欲しいサイズを選択してタップするとカートに入ります。

日本未発売のアイテムなどについては日本とはサイズ基準が異なる場合があるので、カートに追加する前に公式サイトなどで確認しておくようにしてください。
SSENSEのサイズ選択画面でもサイズ詳細を確認することができますが、アイテムによっては換算がずれている場合もあります。

購入手続きについて。住所入力や決済方法を解説。

商品をカートに追加したら画面右上の「カート」をタップ、先ほど選択したアイテムがカートに入っていることを確認します。この際にアイテムのサイズやカラーが間違っていないか良く確認しておいてください。

アイテムの詳細を確認したら、ページ下部の「チェックアウトに進む」から決済情報の入力に進みます。

決済に必要な項目は以下の3点です。

①配送先の住所
②配達方法
③支払い方法

こちらの3点について詳しく解説していきます。

①配送先の住所

配送先住所の入力の仕方を上から順にまとめると、

名・姓:ローマ字で記載
住所1:市町村以下の住所を「建物名・部屋番号→〇丁目〇番地〇号→地域名」の順でローマ字で入力
住所2:必要なし
国/地域:「日本」を選択
都道府県/州:都道府県を選択
市町村:配送先の市町村をローマ字で入力(例:横浜市→Yokohama-shi、大島町→Oshima-Chou)
郵便番号:日本の書き方と同じ

電話番号:日本の書き方と同じ

住所の英語表記の仕方

SSENSEで初めてアイテムを購入する際に少しややこしいのが配送先住所の入力

配達先住所については通常の通販と同じように自分の自宅などに設定すればよいのですが、海外通販サイトのSSENSEではこの住所をアルファベット表記で記載する必要があります。

日本の住所を英語表記する場合、アルファベットで書くのはもちろんですが、もう一つ注意すべきなのが順番です。英語表記の場合は日本とは逆の順番で住所を記載する必要があります。

日本語表記の住所:大きな地域区分から順番に記載
(例)郵便番号→都道府県→市町村→地域名→〇丁目〇番地〇号→建物名・部屋番号

英語表記の住所:小さな地域区分から順に記載
(例)建物名・部屋番号→〇丁目〇番地〇号→地域名→市町村→都道府県→郵便番号

SSENSEの住所入力画面では、「国/地域」「都道府県」については候補の中から選択できるので、市町村以降をこの順序で「住所1」の欄に入力すれば大丈夫です。

参考までに、日本の住所を英語表記へ変換する例を載せています。

英語表記への変換例
〒111-1111 東京都中央区銀座1-2-3

1-2-3 , Ginza , Chuo-ku , Tokyo 〒111-1111

「〇丁目〇番地〇号」の部分については、このまま1セットと考えて英語表記の場合でもそのまま書いて大丈夫です。

ではビルの1フロアやマンションの1室の場合はどう表記すればいいのでしょうか?

住所に建物名や部屋番号が含まれる場合には住所の一番最初に書くようにします。

英語表記への変換例(建物名や部屋番号がある場合)
〒111-1111 東京都中央区銀座1-2-3 太陽マンション201号室

Taiyo Mansion #201 , 1-2-3 , Ginza , Chuo-ku , Tokyo 〒111-1111

このように部屋番号の前には「」を付け、建物名の前か後ろに記載するようにしましょう。間はカンマで区切ります。

ここまで入力すれば配送先の設定は完了です。
入力が完了したら電話番号の下の「既定のお届け先に設定」の項目に忘れずにチェックを入れるようにして下さい。こうすることで今回入力した住所は保存して次回以降も使うことができます。もう一度入力する必要はありません。

②配達方法

配達方法についてはこちらから指定はできないので、「配達」をタップして出てきたものを選択してください。

基本的に配達方法は「5日│エキスプレス」に指定されています。米大手配送会社「DHL」によって輸送されるので安心です。送料と配達日数の目安もここで確認することができます。

③お支払い方法

支払方法は「クレジットカード」「PayPal」「Apple Pay」から選択できます。希望の支払方法を選択し情報を入力しましょう。

入力が完了したら支払いボタンを押して注文完了!

「配送先住所」「配達方法」「お支払い方法」の3項目の入力が終わったら、入力内容や商品に間違いがないか確認してページ下部の「支払う」ボタンをタップして注文完了です。

注文が完了したら、注文内容の控えがアプリとメールに届きます。注文番号などの大切な項目はメモなどを取っておくと安心です。

送料や関税について

送料

送料については、スニーカーなどのアイテムでは基本的に2750円となっています。

カナダから配送されてくるのにこの低価格は素晴らしいですね。輸送を行うのも大手のDHLなので安心感があります。

関税

海外から商品を取り寄せる場合に厄介なのが関税です。関税の計算方法は複雑で、同じアイテムであっても少しずつ関税が変わったりすることもあります。なので関税を完璧に把握するのは中々難しいです。

しかしSSENSEでは、決済の時点でこの関税も価格に含まれているんです。

決済時に表示されている金額から追加で支払う必要はないので、海外通販初心者にも非常に親切な設定です。

配達について。どれくらいで届くのか?

SSENSEでは注文してから商品が到着するまでの目安が3~5営業日です。カナダから送られてくるのにこのスピード感もSSENSEの人気の理由のひとつです。

実際に私が注文した商品は注文から5日で届きました。早すぎてびっくりです!

また配送状況のトラッキングも可能となっており、今どこに商品があるのかがリアルタイムで確認することができます。
アプリ・サイト内の注文履歴やメール、SMSなどからトラッキングのリンクをタップして確認することができます。海外通販は不安というという方にも安心ですね。

SSENSEの詳細はこちらから

まとめ

今回は日本でも海外通販サイト「SSENSE(エッセンス)」について、

本記事の内容

・SSENSEについて
・SSENSEの使い方
・SSENSEでの購入方法
・送料・関税について

という内容について解説しました。

SSENSEの使い方をマスターして、日本未発売のアイテムをお得に手に入れましょう!

今回私が購入したコンバース・ランスターハイクについてはこちらの記事をチェックしてみて下さい。

【日本未発売】K-POPアイドル愛用のコンバース「RUN STAR HIKE」を徹底レビュー!日本での購入方法も!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる